よくある質問

  • HOME
  • よくある質問

よくある質問

業績管理の中には経営計画の作成も含まれているのでしょうか?当社は金融機関より実現性が高く、抜本的は経営計画書の提出を求められております。浅野会計事務所では経営計画の作成支援も行って見えるのでしょうか?

業績管理を行えば実抜的な経営計画の作成は自然に出来ます。業績管理により会社の利益構造が明確になり、利益を増大させる方策も具体化します。経営計画は業績管理に基づいた3年~5年の会社の意思を織り込んだものです。

当事務所は業績管理に基づいた経営計画の作成支援を行います。

業績管理と経営計画書の作成とどちらが重要なのでしようか?先に行うべき事はどちらなのでしょうか?

業績管理も経営計画書作成もどちらも重要です。会社の利益構造が把握されており、どのような方向で事業を行えば利益が増加するかについての見通しがあれば、是非、経営計画書を作成しましょう。もし、そのような状況にないのであれば、まずは業績管理から始めましょう。

経営計画に関して作成支援以外にもサービスメニューがありますか?

経営計画作成支援をさせて頂いたお客様には、その後の経営計画の進捗状況(売上・利益計画の達成状況)を確認させて頂きます。進捗状況が芳しくない場合には、業績管理の方法も含めて経営計画書の見直しに関してお手伝いさせて頂きます。

資産税対策は何故必要なのでしょうか?

資産税対策というと財産承継・相続税対策を思い浮かばれるかと思います。もちろんの財産承継・相続税対策は重要な事ですので、当事務所でも真摯に対応させて頂いております。

 ただ財産承継対策・相続対策と言ってもその必要性・緊急度合を実感される方は少ないのではないかと思います。その原因は、誰が、どのように財産や事業を承継していくかが決まっていないからです。私どもは、どなたを後継者とされ、具体的に大事な事業や財産をどのように承継していくかを含めてご対応させて頂きます。

 この意味で資産税対策はなるべく早い段階から検討をされることをお勧め致します。

税務顧問の先生とは別に業績管理や資産税対策のためにセカンドオピニオンとしての顧問会計事務所を探しております。このような契約は可能ですか?

ご質問のような業績管理サービスや資産税対策サービスのみの業務契約も行います。当事務所の特徴ですので、是非、ご利用を検討ください。

COPYRIGHT© 浅野会計事務所 ALL RIGHTS RESERVED.