よくある質問

  • HOME
  • よくある質問

よくある質問

浅野会計事務所の特徴は何ですか?

業績管理(資金管理も含む)とオーナーの為の資産税対策(相続対策を含む)です。

業績管理は会社経営を行う上で必要なマネジメントです。また、オーナーの資産税対策や個人の相続対策は事業や家庭の基盤を承継していく為の重要な課題です。当事務所はこれらの業務に特化して皆様のお役に立ちたいと考えております。

仕訳作成・元帳作成をお願いすることはできるのでしょうか?

仕訳作成・元帳作成業務も承らせて頂きます。なお、その場合でも、現金出納帳は会社・事業主様自身で作成をお願いできればと思います。事業経営を行う上で業績管理が重要なのですが、これと同じくらい重要なので資金管理です。資金管理を行う第一歩は現金出納帳を作成し、お金の流れを理解して頂くことだと思っております。

仕訳処理等を会計事務所でお願いする場合でも現金出納帳は自ら作成する必要があるとのことですが、何故、必要なのでしょうか?

現金出納帳をご自身で記帳することにより、事業経営上のお金の流れが把握できます。

また、現金管理担当者が見えない場合は、プライベートで使ったお金と事業経営の為に使ったお金とが混ざってしまうケースが多々見受けられます。このような場合、会計事務所に依頼しているとどんどん現金残高が増加してしまい、実際の現金残高と大きく異なることにもなります。会計事務所担当者より現金の費消内容を尋ねられても時間が経過した後では思い出すことは不可能です。これは、会計事務所にとっても事業経営者にとっても不幸なことです。これを解決するには、皆様自身で現金出納帳を作成して頂くしかないのです。

黒字決算なのに会社にお金が貯まらないのは何故ですか?

黒字決算おめでとうございます。理屈の上では黒字額+減価償却費計上額相当の資金が増加するはずです。但し、下記の場合には資金が増加しないこととなります。

 

 ① 借入金があり、借入金返済額が【黒字額+減価償却費額】を上回る場合

 ② 得意先からの入金より支払先への支払いの方が早い場合

 ③ 設備投資を行っており、その投資額が【黒字+減価償却費】を上回る場合

なお黒字決算後に法人税・所得税・消費税等の納税があります。さらにダメ押し的に会社にお金が貯まらないことを印象づけてしまうかもしれません。納税資金用口座をつくられることをお勧めします

何故、業績管理を行う必要があるのでしょうか?

業績管理とは会社の利益源泉を把握しより効率的に利益を獲得する為のマネジメントであると当事務所は定義します。会社経営は利益の獲得なくしてありえません。事業を継続し、拡大するために必要な活動が業績管理です。これらの活動を頭の中で全て行っている経営者の方には、ご自分の会社の従業員に伝え任せていく事をして頂ければと思います。これも広い意味で業績管理だと思います。

COPYRIGHT© 浅野会計事務所 ALL RIGHTS RESERVED.